国境を越えて、世代を超えて
一緒に始めるやさしい革のある暮らし

一緒に始めるやさしい革のある暮らし
約30年前の一人の想いは、
やがてモンゴル発のSDGsプロジェクトとして
モンゴル国の「MON」と山口明宏氏の「Y」を合わせた”MONY(モニー)”と名付けられ、
子ども達の未来にやさしい産業づくりに貢献。
いよいよ、日本に初上陸のMONYレザーを使ってエシカルな革製品づくりが始まります。
動画の最後には、NPO法人Being ALIVE Japanの北野華子理事長のコメントも紹介しています。

モンゴルのヒツジ飼育数推移(千頭)

出典・参照:FAO / データ更新日:2021年1月7日

年間20万枚の普及を目指します。

モンゴルにおける羊の飼育数は年々増加傾向にあり、2019年には年間3,200万頭を超え、世界10位となっています。そのうち、約200万枚が食肉として処理された後に廃棄されていると言われています。

MONY for Children では、その10%にあたる20万枚をラセッテーなめしによってやさしい革にアップサイクルし、やさしい革のある暮らしを通じて「持続可能な地球を次世代につなげる」ビジョン達成を目指します。

やさしい革のある暮らしを一緒につくる活動がいよいよ始動!

持続可能な地球を子ども達につなぐために「未来にやさしい」というコンセプトの世界初のエシカルレザーを日本で初めて商品化します。革製品に関わるものづくりを通じて、子ども達をみんなで笑顔にする取り組みを紹介していきます。

蟹江 憲史氏
慶應義塾大学大学院政策・
メディア研究科教授

「MONYレザー」は、使って気持ちが良いやさしい革。広まれば広まるほど、持続可能な社会が近づきます。このプロジェクトを通じて、日本中の方々にSDGsが身近な存在になるよう、応援しています!

やさしい革の研究会

私たち一般社団法人やさしい革では、ラセッテー®なめし製法で作られた皮革素材を使用しその製品自体も使う人にやさしい皮革商品であること、さらにその素材生産過程から消費に至るまで「やさしさ」に包まれた消費文化を育て、次世代に繋げて広めてゆきたい想いで様々な活動を開始するため、下記の理事メンバーと共に研究しています。

SUPPORTER

クラウドファンディングを通じてご支援いただいたサポーター企業様をご紹介いたします。

株式会社STG

株式会社STG

くりや株式会社

くりや株式会社

株式会社コージツ

株式会社コージツ

株式会社TANIGAWA

株式会社TANIGAWA

パティスリー アン・スリールエイコースポーツ株式会社タイチ
株式会社ワークスマイルラボ株式会社冨士麺ず工房岡山ビューホテル
城西コンサルタントグループ東京都下水道サービス株式会社国際事業支援室株式会社megurico有限会社 南大阪保険事務所
株式会社のあ福祉型専門学院ワークスクールのあ株式会社MJカンパニー株式会社みかも
4Sトータルサポーターズ株式会社ファーストデコ

企業様向け

一般社団法人やさしい革

一般社団法人やさしい革は、素材生産過程から消費に至るまで「やさしさ」に包まれた消費文化を育て、次世代に繋げて広めていく活動を紹介しています。

一般の方向け

やさしい革の約束

「やさしい革の約束」は、動物皮を大切に使い、安全に地球に還す、自然と共存する「やさしさ」に包まれた消費文化づくりに取り組んでいます。

About MONY Leather

メンテナンス方法について

汚れてしまったら?

革のにおいはありますか?

経年劣化が気になります

TOP